保有技術

グローバルIT部品産業をリードする 軽金属ダイカスト及び表面処理専門企業

JANGWON TECH’s R&D

未来を切り開いていくグローバルダイカスト専門企業

㈱チャンウォンテク 生産技術研究所は
韓国産業振興協会から企業付設研究所として認証され
携帯電話に関連した特許などの技術開発を進めています。
革新技術、製品開発、表面処理、デザインなど
4つの専門分野別に研究専門チームが構成され、各分野の研究開発に注力しており、研究結果を関連部署及び生産現場に応用しています。
㈱チャンウォンテク 生産技術研究所は 韓国産業振興協会から企業付設研究所として認証され 携帯電話に関連した特許などの技術開発を進めています。 革新技術、製品開発、表面処理、デザインなど 4つの専門分野別に研究専門チームが構成され、各分野の研究開発に注力しており、研究結果を関連部署及び生産現場に応用しています。

 

ダイカスト技術

  • THIXO TYPE
  • 棒材(BAR)応用 TYPE
  • COLD CHAMBER TYPE

THIXO TYPE

半溶融状態のマグネシウム合金に圧力をかけて合金の粘性を下げて、プラスチックを射出するように合金製品を生み出す工法です。寸法の安定性に優れ、高品質の製品の生産が可能で、Mgメッキ製品に適した設備です。

棒材(BAR)応用 TYPE

既存のコールドチャンバータイプのダイカスト機に類似し、上には溶融シリンダー、下にはインジェクションシリンダーが平型に配置されています。溶融シリンダーで溶解され、インジェクションシリンダーに移動され、金型に素材がインジェクションされて成形されます。素材の供給方式がマグネシウムチップの代わりに棒材が連続的に供給される点がThixo Typeと区別されます。成形密度が高く、薄版成形(0.3mm)が可能で、複雑な形状の製品成形に有利です。

COLD CHAMBER TYPE

鎔湯と射出部が分離されており、鋳造圧力を高めることができ、緻密で均一な組織が要求され、厚さが厚い中・大型部品製造に多く使用されます。

 

プレス

主に金属板に圧縮力を加えて塑性変形させ、様々な形を作り出す代表的な金属加工方法で、時計、カメラの精密部品から自動車の車体に至るまで、広範囲に利用されています。

 

金型技術

CAD/CAM/CAEシステムと精密加工設備を利用した超精密4-Cavityダイカスト金型を短い納期で製作しています。

  • 3D金型設計技術
  • 3次元シミュレーション
  • 3次元解析
  • 4Cavity金型製作技術

3D金型設計技術

気泡結合シミュレーション

充電容量の温度分布シミュレーション

3次元シミュレーション

鎔湯凝固解析

鎔湯充填解析

収縮解析

3次元解析

4Cavity金型製作技術

 

ヒンジ技術

スライドフォンのヒンジモジュールは、デザイン、機能などのコンセプトが決定される前までに開発されなければならず、ヒンジモジュール開発の可否に応じて、新規携帯電話モデル開発の可否が決定されるほど重要な器具部品です。

  • ワイヤーロープ型
  • スパイラルスプリング
  • プレートスプリング
  • 薄型スプリング

ワイヤーロープ型

スパイラルスプリング

プレートスプリング

薄型スプリング

 

表面処理技術

  • PEO
  • 陽極処理
  • クロメート

1. PEO ( Plasma Electrolytic Oxidation )

  • 1) マグネシウム、アルミニウム、チタンに対する新しい表面処理技術
  • 2) 母材(Substrate)上の金属表面に対する高電圧の崩壊(Breakdown)誘導
  • 3) 金属の表面が強く、気孔が少なく、付着性に優れた金属酸化セラミック層に変化

PEO反応

システムの構造

2. 陽極処理

  • 1) 電気化学的方法でアルミ表面に厚い酸化皮膜形成
  • 2) 耐食性と耐摩耗性改善
  • 3) 様々な色で染色可能で、美観上有利

陽極酸化表面

 

3. クロメート

  • 1) 化学溶液(Acid)とアルミニウムとの化学的な反応を利用した酸化皮膜形成
  • 2) 導電性皮膜、耐食性と密着力に優れる
  • 3) 複雑な形状構造物に容易
  • 4) 大量生産可能

自動クロメートライン

工程図

 

塗装技術

  • 粉体塗装
  • 소부

1. 粉体塗装

1) 粉体塗装とは?合成樹脂を粉末にして、被導体にコーティングする粉末樹脂の塗装方法。
被塗装物体を前処理した後、静電塗装に適切な粒子のサイズ及び比重を持った粉体粉を使用して、温度180℃で20分間乾燥させ、中を通過させると、粉体粉が被塗装物体に徐々に溶けて液体となり、大気中の温度になると、硬化して被塗装物体に塗装される。

  • 塗装の厚さは60ミクロン程度
  • 実際の有機溶剤や水は塗膜形成には無益な成分なので、これらの成分をなくして樹脂のみを利用

2) 静電粉体塗装方法高電圧の下で、陰(-)に帯電された粉体を接地された被塗物に噴射して電気的に付着させた後、加熱溶解して塗膜化させる方法。
一度付着した粉体塗料は一般的に電気抵抗が高く、放電するのが難しいため、セッティング(Setting)中に被塗物から離れることはなく、また、粉体塗料は、ある程度の厚さで付着すると、粉体同士お互いに大きく反発して、それ以上の厚さでは付着しない性質がある(停電平衡現象)。こうした現象が被塗物の塗膜の厚さを均一にする原理。

2. 焼付塗装

1) 焼付塗装とは?材料の保護、美観などのために材料の塗装面を被覆するもので、塗料を使用して塗膜を形成するための塗布方法

  • 耐候性が特に優れ、光沢及び光沢保持性、色及び色保持力に優れる
  • 塗膜の製品性が良好
  • 機械的物性、耐薬品性、付着性に優れる
  • アミノアルキド樹脂に比べて一般的に焼付温度が高く、150℃以上の温度

JANGWON TECH CO., LTD.

㈱チャンウォンテクは、2000年の創立以来、絶え間ない技術開発と革新を通して、地道な成長と発展の道を歩んできており、グローバルIT部品素材産業の先導企業として国と世界に社会的責任を果たすことをお約束します。

CONTACT US

㈱チャンウォンテクの / 代表:パク・セヒョク

慶尚北道亀尾市1工団路7ギル14-9

(+82) 54-462-8896~7

Fax (+82) 54-462-8898

ADM

top